13年前に使ったテレクラ代金の未納で、突然60,000円の請求が来ました。これは支払うべきですか?

前提として、私は法律の専門家ではないことを理解してもらったうえで、13年前から請求が来てなければ支払う必要はないと思います。

信頼に足るソースかどうかの判断はお任せするとして、時効に関してを参考に記しておきます。

で、この1件の背景を想像すると、
この請求自体は架空請求ではないかと思います。

内実は、何らかの形で「テレクラ」利用歴のあるユーザーの電話番号を入手した業者が、『もしかしたら使ったかも?』という心理につけこむため、支払えばラッキーくらいの感覚で請求を立てているケースではないでしょうか。

たしかに記憶は曖昧だし、支払って丸く収めたいという気分になるかも・・・

そうですね。
そのパターンを狙って督促をかけている可能性が高いです。

ですから、このケースでは、どのテレクラから請求が来ているのか確認をして、その運営者が大手テレクラであれば、公式HPから問い合わせをかけることが最初の対処法かと思います。

テレクラ業者を騙った架空請求ならこの時点で分かるね

はい。
ただし、これは大手の場合使える方法で、利用の覚えもない、名前も知らないようなテレクラであれば、最初のステップはすっ飛ばして、国民生活センターに問い合わせるといいでしょう。

なんだか怖いね

例えクレジットカードのようなサービスでも、情報を誰かに預ければ、漏洩する可能性はあるので、現代に生きる我々の宿命ですね。。

無駄に不安がらずに、正しく恐れるようにすれば良いと思います。

基本的には、私がこのサイトで紹介しているような大手ツーショットを利用することが正しく恐れる姿勢かと思います。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ