テレフォンセックスがイマイチ盛り上がりません・・・。ちょっと凹みます。どうしたらイイですか?

数をこなしていけばどんどん上手になっていくので、凹まなくても平気ですよ。

とはいえ、せっかくタイガーに質問してくれたので、即効性のある対策を一緒に考えてみましょう。

それぞれについて考えてみましょう。

相性が悪い場合

相性が悪いケースでは、SとMが逆転している場合があります。 本来Sの人間がMをやっても、うまく行くわけがありません。自分の性癖って意外と分からないモノだし、相手との関係によって変化することもあります。 思い切って、攻守交代してみるのは、即効性のある対策と言えます。

どうしても、同じ性癖の場合は・・・他のパートナーを探すしかありませんね(涙)

セリフが出てこない

セリフが出ない原因は、シチュエーション設定に問題があると思われます。

テレフォンセックスは、自由です。 必ずしもタイガーがタイガーとしてプレイする必要はありません。 時には、政治家と秘書の関係でもいいですし、ナースと患者の関係でもイイでしょう。 いずれにしても、シチュエーションを分かりやすく設定することで、その世界に入り込むことが出来ます。

あと、設定で気をつけたいのは、上下関係、主従関係が分かりやすい設定にすることです。 これもセリフを出しやすくする要因になりますよ(´∀`)

リアクションが悪い

もし、自分のリアクションが悪いのであれば、それは猛省して、リアクションを大きくすることを意識付けしましょう。これは、数をこなせば改善されますね。

問題は、相手のリアクションが悪い場合です。

普通にクレームをつければ、余計に盛り上がらなくなります。 そこで、タイガーがオススメしたいのは、プレイの一環としてリアクションを要求することです。

何度も同じ言葉を言わせれば、自然と言葉も大きくなります。 また、『ドコが感じる』などで、感情を言葉にするように導くと、自然なカタチでリアクションを引き出すことができます(^ω^)

前戯を行なっていない

はじめからテレフォンセックスをヤル気マンマンでいると、前戯を忘れがちです。

お股を開くには、心を開け!』これは、リアルセックスでも、テレフォンセックスでも同じことです。 女性を感じさせるには、心を開かせないと、何も感じてくれません。

いきなり『指を2本入れろ』とか『いやらしいメスブタだ』なんて言ってはいけません。段階を経ながら、要求をアップさせていきましょう。

ということで、いかがだったでしょうか?
いずれも即効性のあるテクニックなので、盛り上がりに欠けていると感じた際には、是非活用してください★

いまから、このテクニックを使ってみる
⇒ http://me-name-tiger.com/category/item/

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ